クラシックミニ

ミニスーファミを外付けから起動する。Part1

投稿日:

sunさんいつもありがとうございます。
コメントより転載です。


外付けUSBから起動2回に分けて書きます(自己責任ですよ) 
 
■事前に用意するもの
 給電機能つきのMicroUSB OTG アダプタ

■part-1
https://github.com/KMFDManic/NESC-SNESC-Modifications/releases/tag/v2.5.10.28
KMFDManic NESC / SNESC実験コア/ Bios / HMODセット
更新が速くて・・・

KMFDManic-NESC-SNESC-Cores.12-19-17.7z
解凍
KMFDManic-NESC-SNESC-Cores(12-19-17)/_km_Xtras/USB-HOST/から
hakchi-2.21f-dantheman827-exportgames-9362198.zip
を解凍
user_modsフォルダに各ゲーム機用のCoreを置く
_km_pcsx_rearmed_neon_12_16_17.hmod PS1用のCoer
_km_fbalpha2016_12_11_17.hmod NEOGEO用のCoer
_km_glupen64_6_26_17.hmod 任天堂64用のCoer
_km_retroarch_12_17_17.hmod
_km_snes9x_11_19_17.hmod SF用
bios_images.hmodフォルダ NEOGEO用のBIOS(etc/libretro/system/neogeo.zip)
など
動画を参考にしながら見てください


hakchi.exeを起動、最初にkernelからDump kernelを選択
kernel_super_famicom.imgを吸い出します(dumpフォルダに有る)
カーネル/アンインストールをクリック(miniSFCのリセットボタンを押しながら電源ON)
カーネル/オリジナルカーネルの書き込み(miniSFCのリセットボタンを押しながら電源ON)
モジュール(M)から拡張モジュールをインストール_km_retroarch_12_17_17.hmodなど
必要なCoreにチェックする(miniSFCのリセットボタンを押しながら電源ON)
カーネル/カスタムカーネルをインストール(miniSFCのリセットボタンを押しながら電源ON)
動画にあるように設定をします
設定/ページフォルダ構造/カスタム-フォルダ-マネージャーを毎回表示にチェック
ここでminiSFCの電源OFF,hakchi2も消します
KMFDManic-NESC-SNESC-Cores(12-19-17)/_km_Xtras/USB-HOST/から
hakchi-gui-win32(official)(12-1-17).zip解凍
hakchi-gui-win32(official)(12-1-17)/hakchi-gui.exe起動
hakchi-guiが起動
(miniSFCのリセットボタンを押しながら電源ON)
右側にあるメニューを順番にクリックしますOKが出たら次へ
1 Dump kernel.img >>100% >>OK
2 Unpack kernel.img >>OK
3 Flash kernel.img >>YES >>100% >>OK
4 Rebuiid kernel >>OK
5 Memboot >>100%OK
 
でpart-1は終わり


追加メモ

今のところ
ファミコン
スーパーファミコン
PS1
Neogeo
任天堂64
が起動できてます
ゲームファイルは圧縮するとブラックアウト状態に
なので解凍してインストール時にはhakchi2でも圧縮はしません
ゲームファイルに()[]!?が有ると読み込んでくれません
-_は大丈夫みたい
起動出来ないのはROMのせいが多い気がしました







-クラシックミニ
-,

Copyright© ハイ、やり直しっ! , 2018 All Rights Reserved.