Switch

SXOSからAtmosphereに乗り換える

もぐたん
SXOSからそんなに乗り換えたいもぐ?仕方ないもぐね。

この世界すべては自己責任です。
本体が壊れようが、データが消えようが、BANされようが。です。それが怖いなら改造しない。ってどこでも言われてるでしょ?
このブログは対象の機材を持っている読んでわかる人向けです。


あったら便利なものだけ紹介しときます。


まず理解すること

その①

個別の項目解説はすっ飛ばして簡単に言うと

SXOSはオールインワン Atmosphereは「OS」だけ

OSBootloaderゲームの起動ゲームのインストーラ任天堂への通信遮断
SXOS〇 (デフォルトで有効)
※ステルスモード
Atmosphere△ (iniファイルで有効化)
※incognito

Atmosphereを今後使う場合は、「Bootloader」(Hekate等)があると便利、ゲーム起動するためには「Sigpatches」を入れて、任天堂への通信を遮断するためにはステルスモードの代わりとなる「90DNS」の設定が必要です。

今まで、SXOSを使用していて見ていたこの画面は、おおざっぱに言うと「OS」+「Bootloader」です。
このBootloaderの画面でEmunandを作成したり起動したりさせていましたよね?

Atmosphere(OS)だけ導入した場合は Emunandなどは作成できず Sysnand+CFWの状態が起動してきます。
Emunandを使う場合は、hekate等のBootloaderを導入する必要があります

その②

・Atmosphereに移行した場合はEmunandを作り直し?
 hekateにはSXOSで作成されたEmunandをAtmosphere用に変換してくれる機能がありますのでゲームやセーブデータはまるごと引継ぎされます。
 ただし、hekateで変換したEmunandはSXOS用には戻せません。バックアップを取っておきましょう。

・XCIの起動はできる?
 できません。インストールしてください。

・SXOSのようなチートはできる?
 Edizonで出来ます。

・SXOSのようなメモリサーチはできる?
 Edizonで出来ます。

・Atmosphereの起動方法は?
 SXOSでもジグを使いながらペイロードファイルを送って起動させていましたよね?基本は同じです。
 ただし、SXOSproやSX Gearを使っていた人は少し面倒かもしれません。以下のいづれかで起動させます。
 1.PCやスマホからペイロード送信させる(TegraRCMSmashなど)
 2.ペイロード送信してくれるRCMローダーを使う
 3.SXOSのoptionからPayloadを読み込ませる。
  つまり今までの方法でメニューまで起動させる方法。

乗り換え作業

これから作業する方は、必ず読んでください

これから作業を書いていきますが、自己責任です。

作業は、順番に書いています。
項目によっては、起動させたり、SD抜いたり繰り返す場合があります。
これは、SXOSでは気にしなくてもよかったものですが、Atmosphereを使うにあたり理解しなきゃいけないことや
仕組みを理解するうえで必要な画面を見てもらうためにやっています。
面倒くさいと感じるかもしれませんが是非、近道をせずに一つ一つやっていきましょう。

もし、めんどくせーよ。って方は他のブログを見に行くことをお勧めするもぐ。

機内モードにしておく

SXOSのEmunandを起動して機内モードにしておきましょう。

【Switch】すべての無線通信を切断する方法は?(機内モードの設定)
【Switch】すべての無線通信を切断する方法は?(機内モードの設定)

Nintendo Switch本体のすべての無線通信を切断する方法は?(機内モードの設定)

support.nintendo.co.jp

90DNSを先に設定しておく

万が一に備え、前もってSXOSの状態の時に、仕込んでおくといいでしょう。

設定>インターネット>インターネット設定 > 登録済みのネットワークにあるものを選択 >設定の変更>DNS設定 を手動に変更し
優先DNS 163.172.141.219
代替DNS 207.246.121.077

と設定する。こんな感じ?

は?手順多いよ!めんどくせーよ!!!ってアナタにはこちらを。

Releases · suchmememanyskill/switch-90dns-setter · GitHub
Releases · suchmememanyskill/switch-90dns-setter · GitHub

Contribute to suchmememanyskill/switch-90dns-setter developm ...

github.com

switch-90dns-setter.nroをダウンロードして、SDカードのSwitchフォルダに入れます。
Atmosphere起動後、アルバムからHBLを起動させ 90dnssetter を立ち上げます。

あとは指示通りに、Xボタンで90DNS設定

設定が終わったらYボタンで再起動します。

再起動後、 設定>インターネット>インターネット設定 > 登録済みのネットワークにあるものを選択 >設定の変更 からDNSが設定されているか確認しましょう。

SDカードのバックアップを取る

SDカードのフルバックアップを取りましょう!
EmunandをAtmosphere用に変換したら、元に戻せません(多分)Emunandファイルの場所移動+名前変更だけだと思ったけどそれだけではないっぽい?

とにもかくにもバックアップです。
Emunandを隠しパーテーションに作成してる場合は、SDカードをイメージファイルとして保存するのがいいでしょう。

合わせて、万が一のために残しておきたいゲームのセーブデータのバックアップも取っておくと安心ですね。

SDカードの中身を整理

最低限でこれくらいでしょうか?
SDカードはバックアップ済みでしょうから、これ以外は消しちゃってもいいかも。特に以前Atmosphereを導入してたor導入を試みた方は、不要なフォルダやファイルはしっかり消しておきましょう。
「boot.dat」と「lisence.dat」はなんとなく残したかったので残してますがもう2度とSXOSは使わないぜ!と漢気のある方は消しちゃってもいいです。

そして、SDカードのフォーマット形式ですが基本的にはFAT32にしましょう。
exFATは便利ですが、データ破損が起こりやすく不具合が起こりやすいとAtmosphereの作者も言っていますし、SXOSの時から非推奨でした。
もし、exFATで使用してる方はこれを機にフォーマットしてFAT32にしちゃいましょう。
フォーマッタはIODATABUFFALO推奨です。

Atmosphereの導入

Release Atmosphère 0.19.5 · Atmosphere-NX/Atmosphere · GitHub
Release Atmosphère 0.19.5 · Atmosphere-NX/Atmosphere · GitHub

Atmosphère is a work-in-progress customized firmware for the ...

github.com

githubからAtmosphereをダウンロードします。

atmosphere-0.xx.x-master-xxxaxxxd+hbl-x.x.x+hbmenu-x.x.x.zip
atmosphere-0.xx.x-master-xxxaxxxd-WITHOUT_MESOSPHERE+hbl-x.x.x+hbmenu-x.x.x.zip

と、2種類ありますが違いは 上段はMESOSPHERE入り、下段はMESOSPHERE抜きです。

MESOSPHEREはCFWだけど公式FWと同じように見せかけるものでBANされにくいと言われていますが、BANされたくなければ気休め程度と認識しておきましょう
基本的には、上段のMESOSPHERE入りをダウンロードすることをオススメします

ダウンロードしたら解凍した中身をSDカードにコピーします。
追加した状態がコチラ

Atmosphere公式ステルスモードをONにする

このタイミングで作業できるなら作業しておくと安心です
しかし、確認はできないのでiniファイルの移動および編集だけになりますので間違えないように。

Atmosphere公式ステルスモード(incognito)をONにしよう!

Atmosphere公式のステルスモード(incognito)があったもぐ。

続きを見る

hekateの導入

ダウンロードしたら解凍した中身をSDカードにコピーします。
追加した状態がコチラ

hekateを起動させて、SXOSのEmunandを変換する

Emunandが無い人は読み飛ばしてください。っていうかSXOS使っててEmunand使ってない人いないか。
TegraRCMSmashやRCMローダー使ってhekate同梱の「hekate_ctcaer_x.x.x.bin」を読み込ませて起動させます。
うわー、めんどくせーという人はSXOSのメニュー➡options➡Payloadsから起動させます。

初回起動時は、時間設定が出るかもしれません。出たら設定してください。
時間がズレてるのが気になる?詳しい解説はしませんがSwitch本体にはシステム時間とハードウェアの時間2ちの時間を持っています。
設定画面に出てきた時間はハードウェアの時間です。

早速、Emunandを変換します。「emuMMC」をタップ

次に、 Migrate emuMMCをタップします。

この時点では、左上のemuMMC Info & Selectionは ✖ Disabled! になっていますね。

ここでは、Emunandをタップ

最終確認ですが、続行するので Continue をタップ

サクっと変換が終わります。OKをタップします。

左上のemuMMC Info & Selectionが ✔ Enable になりましたね。右上の ✖ Closeでメニューに戻ります。

さぁ、これで変換が終わりました。
さっそく、起動させてみましょうか。
Launchをタップしてみましょう!

起動できましたか?
それとも、こんな画面が出ましたか?

hekate_ipl.iniを編集する

Switchの電源を切り、SDカードにある「bootloader」フォルダを開き、中にある「hekate_ipl.ini」をメモ帳などで開きます。
デフォルトのhekate_ipl.iniにはこれだけしか書かれていないですね。

[config]
autoboot=0
autoboot_list=0
bootwait=3
backlight=100
autohosoff=0
autonogc=1
updater2p=0
bootprotect=0

それを、下記のように書き換えます。コピペでいいでしょう。

[config]
autoboot=0
autoboot_list=0
bootwait=3
verification=1
autohosoff=0
autonogc=1
updater2p=1
backlight=100

[Atmosphere (SysNAND)]
emummc_force_disable=1
fss0=atmosphere/fusee-secondary.bin
atmosphere=1
icon=bootloader/res/icon_payload.bmp
{}

[Atmosphere (EmuNAND)]
fss0=atmosphere/fusee-secondary.bin
atmosphere=1
emummcforce=1
icon=bootloader/res/icon_payload.bmp
{}

{--- Stock ---}
[Stock (SysNAND)]
emummc_force_disable=1
fss0=atmosphere/fusee-secondary.bin
stock=1
icon=bootloader/res/icon_switch.bmp
{}

hekate_ipl.iniを編集したら、SDカードをSwitch本体に戻し、あたらめて起動させてみましょう。

今度は、このような画面が出ましたか? Atmosphere(EmuNAND)をタップしてみましょう。

今度は起動できたでしょうか?設定から本体を開いてこのようにバージョンの後ろにAMSとか出ていれば起動できています。

最後の英字が SならSysnand EならEmunand です。

Sigpatchesを導入

これですね。
Atmosphereの作者はSigpatchesを認めておらず、未来永劫にAtmosphereに同梱されることはないんですよね。
なので、有志によるSigpatchesを導入しないとゲームの起動ができません。

上記、githubから「hekate.zip」をダウンロードして解凍し、中身をSDカードにコピーします。

これだけじゃダメで、hekate_ipl.iniにも追記しなければなりません。SDカードのbootloaderフォルダ内の hekate_ipl.ini に赤線のついたものを追記します。まるごとコピペでもいいかも。

[config]
autoboot=0
autoboot_list=0
bootwait=3
verification=1
autohosoff=0
autonogc=1
updater2p=1
backlight=100

[Atmosphere (SysNAND)]
emummc_force_disable=1
fss0=atmosphere/fusee-secondary.bin
kip1patch=nosigchk
atmosphere=1
icon=bootloader/res/icon_payload.bmp
{}

[Atmosphere (EmuNAND)]
fss0=atmosphere/fusee-secondary.bin
kip1patch=nosigchk
atmosphere=1
emummcforce=1
icon=bootloader/res/icon_payload.bmp
{}

{--- Stock ---}
[Stock (SysNAND)]
emummc_force_disable=1
fss0=atmosphere/fusee-secondary.bin
stock=1
icon=bootloader/res/icon_switch.bmp
{}

これでゲームの起動が出来るようになりました。
今回は長くなったのでここまでにします。

最後に

今後は、本体更新があったら、対応したAtmosphere、hekate、Sigpatchesを上書きしていけばいいでしょう。
もし、どうしてもそれらが面倒な場合はyyoosskさんの最小限の詰め合わせを使うと簡単です。

yyoosskのメモ: ニンテンドースイッチ Hekate経由でAtmosphereを起動するAtmosphere-with-Hekate紹介
yyoosskのメモ: ニンテンドースイッチ Hekate経由でAtmosphereを起動するAtmosphere-with-Hekate紹介

記事の方法を試す前や質問をするまえに必ず下記リンクを見てからにしてください! このブログについて http://yyoo ...

yyoossk.blogspot.com

実施中

1

アンケートもぐ。

-Switch
-, ,