3DS

SKYDOCK検証してみた

投稿日:

SKYDOCK入手。
NDSHOPさんいつもありがとうございます。
 
パッとみてもなんだかわからない。
カードスロット2つだけ。
ラベルもない。。。。。

 
別の角度とか。

 
シンプル。。。
そして、なんとなく、、、重さ 28g。

 
サイズ感。旧3DSの上に乗せてみた。

 
さて、検証に入ります。
その前にわかっていること
 
■わかっていること
・SKY3DS+のみ対応でV140にアップデートしないと使えない。
・吸出し先であるSKY3DS+で使えるMicroSDのフォーマット形式はFAT32のみ。
 exFATは使えない。前回の更新でやっと対応したのにダメ。 
・4GBのロムでもトリムされた状態で吸い出される。
・プライベートヘッダも吸出し可能。
 
と、いうわけでまずはSKY3DS+のファームウェアアップデート。
v140の「firmware.bin」をFAT32でフォーマットした
MicroSDのルートにおいて、SKY3DS+に戻して
microusbケーブルつないでアップデート。
ちなみにフォーマットがexFATだと単なるUSBリーダーとして認識する。
しかし、転送はメッチャ遅い。
 
と、いうわけで吸出しをしてみようか。
吸い出したいゲームのカードリッジとSKY3DS+を
SKYDOCKに挿して、MicroUSBケーブルとPCをつなぐ。
一瞬、青いLEDが点灯
ちなみにUSBケーブル挿したときに緑点灯が少し続いたら
認識に失敗、各場所を挿しなおしましょう。

 
この時点で「savekeys.txt」が作成される。

 
んで、SKY3DS+のオレンジのボタンを
短く1回押すと赤くLEDが点灯し消えたら
「.cfg」と「.sav」ファイルが作成される。
 
さらにオレンジボタンを長く押すと
赤くLEDが高速点滅して吸出しが始まる。
ちなみにゆっくり赤点滅は読み込みエラー

吸出し後、3DSファイルを作成中は緑。
終わったらLEDは消える。

 
そして、注意したい点が1つ。
緑LEDが消えたあと、PCでSKY3DS+のMicroSDが
自動的にマウントされてたら吸出し失敗で
3DSファイルは破損ファイルです。
3DSに入れるとゲームは認識しますが
立ち上げようとすると、このゲームはできない的なエラーが出ます。
 
さて、皆さん気になる吸出しにかかる時間を計測しましょう。
今回のMicroSDは【HiDISK CLASS10 16GB】安いやつですね。
これでいきます。
 
この記事は ハイ、やり直し の記事です。re-doing.com
■1回目
 ・ゼルダの伝説 神トラ2
   サイズ:704MB
    時間:約8分10秒
 
   参考までにGODMODE9で吸出しサイズ見ると
   trim側を見ると、704MBと表示されています。
   つまり、SKYDOCKで吸い出されるのはtrim後のROMファイルとなります。 
   
 
   せっかくなので、GODMODE9で吸出しをしてみます。
   旧3DS、SDカードはCLASS10です。同じくtrimの704MBでいきます。
    時間:29分6秒
 

■2回目
 ・妖怪ウォッチバスターズ 白犬隊
   サイズ:896MB
    時間:約10分20秒
 
モンハンダブルクロスだとtrimされたサイズが2.3GBなので
約35分くらいだろうか。
 
★おまけ
 SKY3DS+のFWアップデートはなぜかPCじゃないとダメで
 モバイルバッテリーだと失敗する。
 じゃぁ。吸出しの時はどうなのか?を検証してみる。
 
 ➡結果:モバイルバッテリーでも吸出しができた!!!!
     これなら出先でもオッケーだね。
     ん?出先で吸出しするのか?
     あ、、、友人の、、、、いや!ダメ!絶対!
 







-3DS
-, , ,

Copyright© ハイ、やり直しっ! , 2018 All Rights Reserved.