PS Vita

[PS Vita] 0x80431075 エラーの直し方

コメント対応お休みについて

急激な気温低下により、土の中で過ごすためコメント対応はお休みさせていただきますもぐ。
もぐたん

SD2Vitaを導入していて、アンインストール手順を間違えてしまった・初期化してしまった際に再導入しようとしたらエラーが出ることあるもぐ。その直し方もぐ。

0x80431075 エラーについて

エラーが出る状況

SD2Vitaを導入している際に、

  • 本体を初期した
  • SD2Vitaを削除した
  • StrageMnagerを削除した

その後、再度H-EncoreからVitashellを再ダウンロードしようとすると表示されることがあります。

エラー画面

直し方

前提

このエラーが出ているということは、すでに「コンテンツ管理アシスタント」や「FinalHE」の導入が終わっているとして説明を進めます。万が一、そんなの昔の話過ぎて知らねーよ。って方は以下から導入準備を進めてFinalHE導入後の手順を読み替えてください。

2022年更新版 PS Vitaを改造してみる。(FW3.65~3.74) [ h-encore² ]

FW3.65~3.73のPSVitaにHENkakuを導入する手順を解説します。

続きを見る

Vitashellのダウンロードと配置

以下からVitashellをダウンロードします。

https://re-doing.com/storage/app_VitaShell-2.02.zip
VitaShellをダウンロード

re-doing.com

ダウンロードしたファイルを、以下のように「FinalHE」のフォルダに配置します。

Vitaでコンテンツ管理を開いて準備する

「コンテンツ管理」→「コンテンツをコピーする」→「パソコン」→「USBケーブル」の順にタップする

PCとVitaをUSBケーブルで接続

この画面になったらUSBケーブルでPCと接続します。

FinalHEからインストール

ファイルの配置が出来たら、FinalHEを起動します。起動したらウィンドウ右側中央にある ▶ をクリックします。

すると、右側にウィンドウが表示されるのでそこに「VitaShell」が表示されていることを確認し、✓がついてなければチェックを付けて「スタート」を押してインストールを完了させる。

Vita本体でインストール作業

ここからはVitaの操作をします。[コンテンツをコピーする]にある「パソコン→PS Vita」をタップします

続いて「アプリケーション」

「PS Vita」

「VitaShell」にチェックを入れてコピー

あとはコピー完了を待ちます。

コピーが完了するとホーム画面にVitaShellが出ていますので、これで復旧が完了です。その後の再導入をすすめていきましょう。

-PS Vita
-, ,