PS Vita

PS Vita [ HENkaku Enso ] の導入。

もぐたん

FW3.65のPSVitaにHENkaku ENSOを導入して再起動後もCFW状態キープもぐ。


この世界すべては自己責任です。
本体が壊れようが、データが消えようが、BANされようが。です。それが怖いなら改造しない。ってどこでも言われてるでしょ?
このブログは対象の機材を持っている読んでわかる人向けです。


はじめに

FW3.73のPSVitaにHENkakuを導入し、FW3.65にダウングレードする手順を解説してきたもぐ。

PS Vitaを改造してみる。(FW3.65~3.73) [ h-encore² ]

FW3.65~3.73のPSVitaにHENkakuを導入する手順を解説します。

続きを見る

PS Vitaをダウングレードしてみる。(FW3.73→3.65) [ modoru ]

PSVITAの本体バージョンを3.73から3.65または3.60にダウングレードするもぐ。

続きを見る

続いては、導入編の最後。HENkaku Ensoの導入もぐ。

再起動や電源を切っていて、CFW状態じゃない場合は、h-encore²からHENkakuをインストールしてCFW状態に入りましょう。

Enso導入手順

Ensoのダウンロード

Release v1.1 - Universal · SKGleba/enso · GitHub
Release v1.1 - Universal · SKGleba/enso · GitHub

Vita CFW installer. Contribute to SKGleba/enso development b ...

github.com

上記、githubから「enso.vpk」をダウンロードする。

「enso.vpk」をVitaに転送

PCとVitaをUSBケーブルで接続して、VitaShellを起動してSELECTボタン。ダウンロードした「enso.vpk」を転送します。

「enso.vpk」をインストールする

VitaShellで「ux0:」を開き、先ほど転送した「enso.vpk」を探してインストールします。

インストール後、ホーム画面に戻るとensoがあります。

ensoの導入

では、早速導入を進めましょう。ensoを開きます。

ここでは、〇ボタンを押します

続いては、✖ボタンを押します

導入完了後、何かキーを押すと、再起動します。

再起動後の確認

再起動後すぐに、VitaShellが立ち上がりますか? エラー無く立ち上がってくれば、ensoの導入完了です。これで再起動や電源を切った後、毎回 h-encore² からHENkakuのインストールが不要となります。ヤッタネ!

-PS Vita
-, , , ,