解説・検証・その他 Switch

「Tesla」のオーバーレイメニューを開くコマンド(ボタン)を変更する

もぐたん

【Lボタン+十字キー ↓ボタン+右スティック押し込み】って面倒もぐ。変えちゃうもぐ。


この世界すべては自己責任です。
本体が壊れようが、データが消えようが、BANされようが。です。それが怖いなら改造しない。ってどこでも言われてるでしょ?
このブログは対象の機材を持っている読んでわかる人向けです。


右スティックの押し込みが嫌い、、、、ある人は言いました。「右スティックの押し込みが嫌いなら変えちゃえばいいじゃない」本当にそうですね。

と、いうわけで変更していきます。

変更するためのフォルダとiniファイル作成

パソコンの基本操作については説明を省略します。

①パソコンで適当な場所に「tesla」というフォルダを作成します。
②作成したフォルダの中に、新しいテキストファイルを作成します。
③ファイル名を「新しいテキスト ドキュメント.txt」から「config.ini」に変更します。

コマンド(ボタン)を変更する

「config.ini」をメモ帳などで開きます。
デフォルトの【Lボタン+十字キー ↓ボタン+右スティック押し込み】を記述するならば下記のとおりです。

[tesla]
key_combo=L+DDOWN+RS

これを変更していきます。

使えるのは
A、B、X、Y、LS、RS、L、R、ZL、ZR、PLUS、MINUS、DLEFT、DUP、DRIGHT、DDOWN、SL、 SR
これを組み合わせて好きにしましょう

例えば、【Lボタン+Rボタン+Aボタン】に変更するならば、下記のとおりです

[tesla]
key_combo=L+R+A

編集したら保存しましょう。

SDカードに転送する

先ほど作成した、「tesla」フォルダをSDカード直下にある「config」フォルダ内に転送します。

SD:config/tesla/config.ini

こうなればオッケーです。転送後は念のためSwitchを再起動しておくといいかもしれません。

あとは設定したコマンドで開いてお楽しみください。

-解説・検証・その他, Switch
-, , , , ,