教えてもぐたん

HEKATEを学ぶ~GUIメニュー編~

もぐたん

今回は、HekateのGUIメニューについて


この世界すべては自己責任です。
本体が壊れようが、データが消えようが、BANされようが。です。それが怖いなら改造しない。ってどこでも言われてるでしょ?
このブログは対象の機材を持っている読んでわかる人向けです。


あったら便利なものだけ紹介しときます。


はじめに

もぐたん

間違っているところがあったら教えてほしいもぐ




Home

Launch

hekate_ipl.ini に記述した起動項目が表示されます。※名前やアイコンは記述によって変わります


もし、このような画面になったら hekate_ipl.ini の記述が足りません。以下の記事を参考にしてください。

Switch CFW Hekate 「No main boot entries found...」「No .ini or boot entries found...」解決策

SwitchのCFW Hekateで「No main boot entries found...」「No .ini or boot entries found...」と出る場合の解決策もぐ。

続きを見る

More Configs

このような画面になったでしょうか?安心してください、これで問題ありません。

ここは、hekate_ipl.ini には書かずに独立したブートメニューを作ったりオプションを設定した場合に表示されます。独立したブートメニューを作るには、SDカードの bootloader/ini フォルダに任意のiniを配置します。

この独立したという表現についてですが、hekate_ipl.ini の場合はメニューを作る際1つのiniに記述しますが

More Configの場合

bootloader/ini フォルダに任意のini を複数配置することができます。

例えば、このように2つini配置します。TegraExplorer.ini には bootloader/payloads フォルダ内の TegraExplorer.bin を指定しています。

すると、このように表示されます。表示はファイル名(ASCII順)です。※アイコンはわかりやすいように変えました

hekate_ipl.iniを書き換えることなくメニューを作りたいときに使いますがあまり使うことはないかと思います。あとで「Auto Boot」項目でも触れますが、やっぱり使うことはないかもしれません。

Payloads

bootloade/payloads フォルダに入れた bin ファイルを起動します。前項の「More Config」ではこのbinファイルを起動メニュー化していました。

emuMMC

Change emuMMC

複数emunandがある場合にここで切り替えができます。

Create emuMMC

emunandが作成できます。

  • [SD File] = SDカードの emuMMCフォルダに emunand が作成されます。ファイルなどをPCから確認ができます。(もぐたん推奨)
  • [SD Partition] = SDカードに隠しパーテーションを作成して emunand を作成します。動作は速いですが、簡単にファイルなどを見ることができません。

Migrate emuMMC

emunandを変換・移行することができます。

SXOSのEmunandから AtmosphereのEmunandに変換したり、「SD Files」←→「SD Partition」の変換などができる。あんまり使わない。

SXOSユーザーでAtmosphereのEmunandに変換したい場合はこの記事を参照してください。

SXOSからAtmosphereに乗り換える

SXOSからAtmosphereに乗り換えるもぐ

続きを見る

Tools「eMMC・SD Partitions ・USB」

Backup & eMMC

  • Full = Sysnandのフルバックアップができます。「eMMC BOOT0 & BOOT1」と「eMMC RAW GPP」両方を実行します。
  • GPP Partitions = Switchの内部メモリから「システムパーティション」や「ユーザーパーティション」のバックアップができます。

Sysnandをバックアップする際は、フォーマット形式「FAT32」& 余裕をもって空き容量 35GB以上のSDカードでバックアップしましょう。

eMMC BOOT0 & BOOT1

復元時に必要なデータです。このBOOT0/BOOT1を復元せずにSysnandを復元するとシステムがクラッシュします。バックアップは数秒で終わります。次は「eMMC RAW GPP」を実行しましょう。

  • BOOT0 = 本体固有のデータが含まれるデータ
  • BOOT1 = 本体ファームウェアに関する情報が含まれるデータ

eMMC RAW GPP

Sysnandのデータをバックアップ。SDカードの速度によりますが、速ければ10分・遅ければ30分ほどかかります。

今回は、11分42秒でした。

eMMC SYS

Switch本体の内部メモリからシステムパーティションのバックアップをします。暗号化キーやシステムモジュール(package2)などが含まれています。必要性がわかりませんが、1分ほどでバックアップできるのでバックアップしておきましょう。

eMMC USER

Switch本体の内部メモリからユーザーパーティションのバックアップをします。約10分で 27GBくらいバックアップしてますが何のデータでしょうか。。。。調べましたがよくわかりませんでした

Restore eMMC

eMMC BOOT0 & BOOT1

バックアップした BOOT0とBOOT1のデータをリストアします。

eMMC RAW GPP

バックアップしたSysnandデータをリストアします。

eMMC ALL

バックアップした「eMMC SYS」と「eMMC USER」のパーティションデータをリストアします

Partition SD Card

SDカード内のパーティションのサイズを変更できます。これもしかしてAndroid入れたパーティションサイズ変更できる????※後日検証してみます。

SD UMS

SwitchとPCをUSBケーブルで接続して、SDカードのバックアップおよびデータの転送ができます。終了するにはUSBケーブル抜くしかない?

Next Step

変更したパーティション情報を適用させます。

パーティションサイズを変更するとSDカードのデータが消えますので注意してください。気づいたらSDカード内が「bootloader」フォルダだけになっていました。。。

Fix Hybrid MBR

複数のGPTパーテーションを作成し使用していた時に、起動できなくなってしまった際にMBR(マスターブートレコード)を修正してくれる。(んだと思います)

複数のGPTパーティションがない場合↓

複数のGPTパーティションがあるけどエラーがない場合↓

USB Tools

PCとSwitchをUSBケーブルで接続して、SDカードを参照したりデータ転送できたりします。また、eMMC内のデータが参照できます。

SD Card

PCとSwitchをUSBケーブルで接続して、SDカードを参照したりデータ転送できたりします。

eMMC RAW GPP / BOOT0 / BOOT1

きっと、eMMC内のデータが参照できるのかもしれないけど、PCでは「フォーマットが必要です」と、出て参照できず。参照したい人はDBIを使った方が早いです。

Gamepad

PCやAndroid端末とUSBケーブルでつなぐと、Switchをゲームコントローラーとして使うことができます。

Tools「Arch bit・RCM・Touch・Pkg1/2」

Fix Archive Bit

SDカードにアクセスできなくなったり、破損したり、ロックされたりなど。SDカード関係のトラブルを修復できるもの。

  • エラーコード:2017-0247 SDカードにアクセスできません または SDカードのデータは破損しているため使用できません。
  • ソフト起動時に「エラーが発生したので、ソフトが終了しました」
  • スクリーンショットやビデオが保存できない
  • hbmenuを開いたとき自作アプリが表示されない、または起動できない

オレンジ色の数字が 0 以外なら何かが修復されたかも?

Calibrate Touchscreen

画面のタッチキャリブレーションを自動的に調整してくれます。

AutoRCM

ONにすると、電源投入時 自動的にRCMモードで起動します。AutoRCMをONにしたら optionで Auto HOS Power Off をONにしましょう。

Dump Package1/2

Package1とPackage2をダンプできます。よくわかりません。

Console Info

ここでは、本体に関する様々な情報が確認できます。

Bootrom

BootRomの情報が確認できます。ダンプも出来ます。

Lockpick

SDカードの bootloader/payloads 内に Lockpick_RCM.bin を入れておけば、ここからLockpickを起動できます。

HW & Fuses

本体に関する様々な情報や、ヒューズの本数などを確認できます。(左列の上から3個目)

CAL0 info

ここでは、本体の製造番号やMACアドレス、バッテリーの製造番号などを確認できます。

KFuses

KFusesがダンプできます。これはなんだかわかりませんでした。

eMMC

eMMCの情報が確認できます。

MicroSD

SDカードに関する情報が確認できます。フォーマット形式も確認できますが、exFATだと変な顔が・・・・・

Battery

バッテリーに関する情報が確認できます。

Options

Auto Boot

RCMブート時に、選択したものを自動的に起動してくれます。右側は「More Configs」で追加したものが表示されます。

Boot Time Delay

起動時に、Hekate → Atmosphere起動までにどれくらい遅延させるか設定できます。短くすればするほど、このhekateメニューに入りづらくなります。※ hekate_ipl.iniを直接書き替えも出来ます。

Auto NoGC

ゲームカードを無効化するか選択できます。FW4.0以下でしか使わない設定なので、現代ではOFFにしておきましょう

Auto HOS Power Off

AutoRCMを有効にしている方向け設定です。AutoRCMにしてない方は関係ありません。

  • ON = AutoRCMがONの状態で電源を切った際に、電源を切ってくれます。
  • OFF = AutoRCMがONの状態で電源を切った際に、数秒後RCMモードで起動します。バッテリーの消費が続きます。

Backlight

HEKATEメニュー起動時のバックライトの明るさを設定・調整できます。

Update Reboot 2 Payload

よくわからない項目ですが、ONにしておいた方がいいようです。

Nxy Options

Color Theme

テキストなどの色を変更できます。

Home Screen

HEKATEメニューを開いた際に、どこを自動的に開くか設定できます。

Main menu

デフォルト画面です。

All Configs

「Launch」(hekate_ipl.ini)と「More Configs」(bootloader/ini 内)にある起動項目を一覧にして開きます。一覧で出すのはコレでしかできません。

Launch

いつもの起動メニュー

More Configs

bootloader/ini フォルダ内のiniファイルの起動メニューの一覧

Clock {Offset}

日時の設定ができます。

Dump Joy-Con BT

ジョイコンのBluetooth MACアドレス・LR(左右)・LTK(色情報?)をダンプして保存できます。

Data Verification

NANDデータ等をバックアップリストアした際に、データの整合性をどれくらいチェックするか選べます。

  • Off  = ノーチェック(高速)
  • Sparse = ブロック単位でチェック行います。(早いけどデータの信頼性は低い)
  • Full  = 全体的にチェックを行うので信頼性は高い(遅い)
  • Full(ハッシュ)=SHA256でハッシュチェックを行うので100%信頼性抜群(めちゃくちゃ遅く、死ぬほど時間がかかります。)※死にはしません

最後に

もぐたん

わかる限り書いてみたもぐ

わからない項目がたくさんありました、詳しい方がいたら教えてくれると助かります。

次回気が向いたら、「hekate_ipl.ini」の詳細説明や、CFW関係のini解説をしたいと思います。年明けもぐ?

らいむ

え・・・このシリーズの記事なのに僕の出番が無かったんだけど・・・・・忘れられた?

-教えてもぐたん
-, ,