解説・検証・その他

DBIでMTPを使うためのドライバーをインストールする(Zadig)

もぐたん

MTP (Media Transfer Protocol) を使うための準備をするもぐ。


この世界すべては自己責任です。
本体が壊れようが、データが消えようが、BANされようが。です。それが怖いなら改造しない。ってどこでも言われてるでしょ?
このブログは対象の機材を持っている読んでわかる人向けです。


あったら便利なものだけ紹介しときます。


はじめに

前回、DBIの機能について書き、PCと接続すると便利ですげーよ。と書きましたがPCとUSBでつないで転送するためのドライバーインストールについて書いていませんでした。

超マルチツールになっていた![ DB Installer ]

いろいろと便利ツールの詰め合わせもぐ!

続きを見る




ドライバーのインストール

DBIを起動

SwitchをCFWで立ち上げて、DBIを起動させます。ここは「Run MTP responder」にカーソルを合わせておきます。

Zadigのダウンロード

Zadig - USB driver installation made easy
Zadig - USB driver installation made easy

zadig.akeo.ie

上記、サイトにアクセスして Zadig-x.x.exe をダウンロードします。

SwitchとPCをUSBケーブルで接続

PCとSwitchをUSBケーブルで接続します。

ドライバのインストール

ここまで来たら、いよいよドライバーのインストールですが、基本タイムアタック30秒です。

心の準備ができたら、Switchで 「Run MTP responder」 を実行します。するとカウントダウンが始まります。

PC側では先ほど、ダウンロードした Zadig-x.x.exe を起動します。以下の画像のように、プルダウン箇所が「DBI」と表示されるので、「Install Driver」をクリックすれば終わりです。

-解説・検証・その他
-, , , ,